10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

屑に鼓動

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

No title. 

本日02回目の記事投稿ー。

久々に落ち込みモードが抜けません…
どうにかならん!?
この考えだしたら止まらない病。

なぜだか憲ちゃんのことまで思い出しちゃったよ…
憲ちゃん…会いたいよ…ねぇ。

はぁ…




↓愚痴。






最近、思うよ。
友達ってなんだろう?

よく分からない。

あたしがいて、みんなあたしと出会って…良かった?
あたしから何かを得られましたか…?

何かを得られたとして
それはあたしじゃなくてもよかったんじゃないですか?

なんて、考えてみたりして。
そんなん言い出したらあたしの存在理由消滅じゃんね。

そうか、憲ちゃんを思い出すのは心があの頃に戻るからだね。
きっと。憲ちゃんが…事故で死んだあの頃。

意外にも4年経ってもひきずってるね…。
いい加減、受け入れなくちゃな…

どこかまだ受け入れられない。
あんな…憲ちゃんの死んだ姿を見ても…

きっと…いつか当たり前のように帰ってくる気がして。
…ばっかだぁ、自分。


中03の時、あの時に迷わず…憲ちゃんの元へ行けばよかった…。
そうしたら今あたしが思う憲ちゃんみたいに…綺麗な思い出だけを残して、誰かの心に一生、残っていられたかな…

嫌な思い出、綺麗な思い出で塗り替えられる?

って綺麗な思い出自体あるのか!?
やばい、それ重大な問題だ…

それじゃあ死んだって今となんら変わらない…よね。


誰かが何かを思い出すとき、そこにあたしはいるのかな。
その思い出の中の景色にあたしはいるの?

それはあたしが欠けてたら思い出にはならない思い出?
もしそんな思い出があったら聞いてみたいね。うん。

人が死ぬって事には敏感なくせに、自分は棚に上げて状態だ。
あたしに関わる誰かが死ぬのは…嫌だ。ほんとうに嫌だ。
もうあんな辛い想いを…したくないから。

自分が「死にたい」って言葉を言うのは抵抗ないのに…
誰からあたしの前で「死」って言葉を使うだけで動悸がする。
大げさちゃうで?

それだけ憲ちゃんの死は…大きくて衝撃的で…傷を残した。
そのトラウマからなるものだと、思う。

そうだなぁ。
中学は本当に辛かったなぁ…

親 病気 進路 家庭 学校 環境 友達 人間。

全てが、あたしを否定してるみたいで。
どうしてあたしだけがこんな思いしなあかんのやってそう思ってた。
ある種の自意識過剰だ(苦笑

親は行きたくない進学を進め、
病気は悪化していく一方、
進路は考えても死ぬことだけ、
家庭はごたごたで荒れていて、
学校は生徒、先生に見放され、
環境は悪循環ばっかりで、
友達は誰も信用できなくて、
人間は、醜くて汚くて。

憲ちゃんも、あの頃。
一緒に住んでたあの頃、辛かったよね…

ごめんね、気づいてあげられなくて…
あの頃のあたしは自分ばっかりでまだ幼かったよ…

憲ちゃんなりに頑張ってたんだよね。
生きてたんだよね、憲ちゃんらしく。

ごめんね、ずっと否定していて。
否定されることを一番嫌がってたあたしがそれを人にするなんて酷い話しだよね…

謝れなかった事が一番の後悔なんだよ?憲ちゃん。
一言、謝りたかった…
嘘で言った「嫌い」って言葉取り消して「本当は好きだよ」って訂正したかったよ…?

…まーた話しずれた。
いつか逢えたらまず最初に言おう。
「ごめんね」って。

そんでまたあの頃みたいに遊んでもらう。
手を握ってもらう。笑ってもらう、名前呼んでもらう。

憲ちゃんと過ごした08年間は絶対に忘れない。
もし…あの時憲ちゃんが死んでいなかったら今のここに憲ちゃん、あなたはいたのかな…

そしたらオサムなんかいなくて、穏やかに暮らしていれたかな…


今更何を嘆いてもこの状況も現実も変わらないんだけどねぇ。
プロポーズ大作戦みたいに過去に戻れたらなぁ…
あの日、憲ちゃんを行かせなかったのに。


…やーめた、やめた!
寝よ、寝よ、もう。

なんか違うこと考えよ。
えーと…球技大会とか…うん、よしよし。

じゃ!!
スポンサーサイト

Category: 2007年06月

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。