07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

屑に鼓動

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

あたしは田舎ものです、はい。 

決してあたしはってません。

井上陽水みたいな髪型
ちんちくりんな黒いジャージ
でかいサングラス
黄色いタオルをはちまきみたいに巻いて
リュックを前にしょって
水色の靴下を履いて、ちっちゃいサンダルを履いた


男の人を見て笑ってなんかいませんから!



こんばんわ、でも笑っていた奈央です。




でもね、本当に居たのよ。
電車に乗ってて、ふと見るといたんです。
しかもどれだけ揺られても絶対に掴まらないんですよね。
ふらふらしながら足でふんばってる姿、まぢウケしました。



今日は朝から酷い仕打ちを受けました。
朝、8時前に起こされキレた


「なーーーんでこんな時間にぃぃ!?」


「ばーちゃんが9時までには来てって言ったから」



おのれ、ばーちゃんめ。
あたしの大切な睡眠時間を…!
で、仕方なく起きて用意して行った

実家についたらいつも開いている門が開いていない
あたしは大声で家に向かって「ばーちゃんーーん!」と叫んだ
でも一向に家から誰も出てこない

なぜだ、と思いながらママに「門開けてきて」と言われ渋々。
で、がちゃがちゃ開けているとばーちゃん登場


「なに、早いっちゃね」

「9時前に来いって言ったんやろ?」

「は?言ってないよ」

「ママがそー言ったけど」

「私は10時って言ったのよ」



「ママーーーーーー!!(怒)




という悲劇、なんという悲劇。
あたしなんか約3時間ぐらいしか寝てないのに…!
眠すぎて気持ち悪くなったぐらいよ(;`-3-)

そして電車で名古屋へ向かいました。
チャンスセンターにつくと去年同様すごい人…;;

名古屋なんて大嫌いだ…!
人ごみ嫌いー、嫌いー



「奈央!あんたも並んで!」


でもママのその一言によってそ人ごみに混ざるハメに。
なぜだ、なぜあたしは買わないのにこの行列に並ばなければならないのか理由を教えてくれーーーー!



「あんたはくじ運強いからあんたに窓口選んでもらってあんたに買ってもらうからね」



あはは、なるほど。
ありがとう、おかーさま



結局本当にあたしが買わされた…
なんであたしが「バラ50枚」とか言わなくちゃならないの…


ママ曰く


「奈央は無欲だから無欲の勝利を…!」



とんだ迷惑だ。



なんとか窓口で買ったはいいけれど、去年同様
そこでもみくちゃにされるのでみなさんバラバラ。

じーちゃんもばーちゃんも見当たらない。


じーちゃんはいいさ、山に放置してもきっと帰ってこれるだろうけどもばーちゃんはそうはいかないのだよ。
パニック起こしちゃうし、きっとまだ窓口辺りでもみくちゃにされ動けないでいるはずだ。


ということでしょうがない、とあたしは折角出た行列の中に戻りばーちゃんの救出に向かった…!
敵は強い、みんなぎゅうぎゅうなんだもの…;;


で、ちっこい人…もといばーちゃんを発見。



「ばーちゃん!」


叫ぶと半分泣きそうになりながら


「奈央ちゃーーーん」


と呼ぶ、恥ずかしい///
とりあえず手を伸ばしてばーちゃんの手をキャッチ

うっとうしい人を肘でどけつつばーちゃんをなんとか救出。
つーか、人、まぢうっとうしいいいいいい!(∵`)


で、ママの元に戻るとじーちゃんは居た。
うむ、やはり山に放置しても帰れるんだろうなぁ



それからじーちゃんは一人スタスタと駅内に入っていく。
じーちゃん、本当に冗談抜きで歩くの早いんですね
あたしも着いてくのやっとなんだけどまた更にばーちゃんは歩くのが遅いんですよ、足痛めてるしね。

でもじーちゃんに待ってやるという優しさは全くないのでどんどん置いてかれる。
またそういうのに気づかないママも置いていく



……もうっ!



あたしって優しいなーと自分を褒めてあげたくなるよ。
あたしはあの二人をほっといてばーちゃんに合わせて歩く

でも人が凄い故にばーちゃんが流されていく。


「奈央ちゃーん」


といいながら流されていく。



………もう…。



また流されるのも嫌なのでばーちゃんと手を繋いで歩くことに。
なんでこの年でばーちゃんと手を繋いで歩かにゃならんのだ…

手を繋いでても流されそうになるので真横にこさせて守る。



…ああ、悲しい。
あたしは逆にこういう状況に彼氏とかに守られたいもんだよ
なんであたしがばーちゃんを守らなければならないのよ
そこはくそじじい…もといじーちゃんの役目だろーがぁ!



ちょっと本当に悲しかったねぇ…。
で、やっと人ごみもなくなりじーとママを発見

それから駅内の中華料理店で昼食。


その後は売店でガムを買ってもらってたら売店の横の道に鳩の大群がいて、これまたばーちゃんが


「お菓子あげたい!」


と断固としてその意見を変えないので仕方なく付き合うことに。
田舎もん丸出しやないか、おい。
鳩に餌やったら怒られるでしょ、こらこら


とあたしはひとり冷静に餌をやる親子3人を眺めてました。
でも鳩とこんなに近くにいられるのは珍しいので写真だけ撮った
あ、今日の分の写真は最後に載せるね!


そして帰宅中の電車の中、最初に言ったあの男性がいたわけですね。
で、途中の駅でめっちゃ全速力で走っていた人が同じ車両に乗ってきました

ママとふたりで元気だねーなんて言ってました。
で、あたしらが降りた駅でその全速力ボーイも降りてまた全速力で走って消えていく。


人間、おもしろいなぁとしみじみ思った(笑)


そして実家に帰宅し即、寝た




今日は疲れた…明日学校行かずに一日寝ていたい(ノ∀・`。)




はい、今日の写真ー!



  

↑昼食に食べたもの。
五目やきそばとエビチリ





↑鳩にお菓子をあげる親子3人。
右からママ、じーちゃん、ばーちゃん



  

↑鳩の大群。




明日からまた一週間頑張ろうー。
(そういえば今日、香ねーちゃんの誕生日だったんだよ。ちゃんとおめでとうのメール入れた!)
スポンサーサイト

Category: 2007年12月

Thread: ブログ日記

Janre: ブログ

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。